顔のむくみの原因

HOME > 顔のむくみの原因

顔のむくみは、足のむくみと同様、顔の皮下に水分が溜まる事で発生します。寝ている間は、顔の位置が水が溜まる位置まで下がるので、結果的に顔に水分が溜まっていき、朝起きた時に、顔のむくみが発生します。

このような顔のむくみは、数時間経てば自然と解消されます。ただ、40代はむくみ解消まで時間が掛かるので、なるべく顔がむくんでしまう原因を作らないようにしましょう。

水分

顔のむくみは、水分とアルコールの摂り過ぎ、そして運動不足が原因となる!

顔のむくみの主な原因は、就寝前に水分を摂りすぎることです。水分が、皮下に溜まることでむくみが発生するというメカニズムの通り、水分を過剰に摂取すると、必然的に皮下に溜まる水分量が多くなります。それにより、顔のむくみも発生しやすくなってしまうのです。

他には、アルコールの過剰摂取も、顔のむくみの原因となります。アルコールを摂取すると、血中アルコール濃度が高くなるために、血管が広がって、水分処理が追いつかなくなります。水分処理が追いつかないと、顔に水分が溜まり、顔がむくんでしまいます。

その他、運動不足もむくみの原因になります。運動しないと血行が悪くなり新陳代謝が衰え、むくみやすいです。

運動不足

リゾートアルバイト